一人暮らしで揃えたい調理器具

>

一人暮らしでも持っておきたい調理器具

「包丁とまな板」

あまり、料理もしないしレトルトで普段済ませるからという方でも、最低限もっておいて欲しいのは「包丁とまな板」です。
基本的な調理は食材を切断して、適量にしたり、調理しやすくすることから始まるので用意しましょう。

包丁は、あまり料理をしないなら刃渡り15~20cmの、野菜も肉も魚も切れる三徳包丁を用意する事をオススメします。
錆びにくく手入れがしやすいステンレス製の物が良いでしょう。

まな板は一人暮らしでキッチンが狭い場合、小さな物を買ってしまいがちですが、調理の事を考えると普通サイズのまな板を買うことをオススメします。
素材は大きく分けて、樹脂製の物と木製のものが有りますが、料理をあまりしないならカビにくく手入れが楽な樹脂製のまな板が良いでしょう。

「フライパンと両手鍋」

調理は電子レンジでやるから、調理器具はいらないと考えている方もいらっしゃると思いますが、食生活はバリエーションが何よりも重要です。
旬の物を調理して食べる事は、栄養的にも優れていますし、旬の食材は財布にも優しいので経済的でもあります。
そして基本的な調理に必要な器具と言えば「フライパンと両手鍋」です。

炒め物の必需品で、実はパスタを茹でたり揚げ物まで出来てしまうのがフライパンです。
一人暮らしの焼く、茹でる、揚げるを全てが出来てしまうフライパンですが、サイズ的には直径20cm以上で深めの物を買えば、どんな調理にも使えますし、フライパン用のフタも買えば調理の幅が広がります。

あまり料理をしない人でも作りたくなるのがカレーだと思いますが、カレーを作るなら両手鍋も必要です。
両手鍋も汎用性が高いので是非用意しましょう。


TOPへ戻る